インフォメーション

月に一度、さまざまな一次産業に関係する人たちとカウンター越しに語り合うLiV×LiVEs(リヴ×ライブ)。毎月変わる一夜店長。普段なかなか知り合う機会のない彼らが、どんなことを思い、どんな仕事をしているのか、生の声を酒の肴に交流を楽しむイベントです。

1回目の様子はこちらをどうぞ。

 

二夜目の店長は川上姉弟

今日の一夜店長は川上農園の3代目の耕太さんと、そのお姉さんのしのぶさん。しのぶさんがデザインしたおそろいのTシャツを着て登場です!ネーブルや不知火(しらぬい)、レモンなど、大量にケースで持ち込み準備を始めます。

 

本日限定のドリンク

まずは本日限定ドリンクの仕込みから。ネーブルをザクザク切り分け、リキュールやジュースの割合を調整しながら…できました!川上農園のネーブルをふんだんに使ったカクテル、「川上サンセット」です!見てください、この鮮やかなオレンジ!

川上サンセット.JPG
川上
サンセット

スッキリ爽やか!果汁も果肉もたっぷりの贅沢なカクテル。車で来た人でも楽しんでもらえるように、ノンアルコールバージョンの「川上サンライズ」も準備しました。また普段LiV KiTCHENで出しているサングリアは川上農園のオレンジをはじめとしてたくさんの果実が溶け込んだもの。こちらもあわせてオススメです。

 

乾杯!

19時になると「こんばんは〜」と、ぞくぞくと人が集まってきました。今夜は水巻町や、遠いところは大牟田市から足を運んでこられた参加者も!さらに西日本新聞の取材も入り、通常10人ほどでいっぱいになる店内は人でいっぱいいっぱいになりました。みんなで乾杯すると、それぞれの場所で話しに花が咲きます。

にぎわう店内.JPG
人で
いっぱいになる店内

 

おつまみは不知火(しらぬい)のドライフルーツ

今夜のおつまみは“完熟・不知火のドライフルーツ”。

お通し.JPG
飴のようなドライフルーツ
!ネーブルとレモンを添えて

川上農園自慢の完熟不知火を専用の乾燥機で20時間かけてじっくり乾燥させたもので、見た目はカリッとしていますが食べるとまるで飴のよう!砂糖を一切使っていないのにこの甘さは驚きです!素材そのものの甘さがギュッと詰まってやみつきになりますよ。
こちらは道の駅むなかた赤馬館、光岡の交差点付近にあるかのこの里などの店頭で販売される予定ですが、今夜は特別に先行販売。「買いたいです!」「私も欲しい〜」とすぐに品薄になっていました。お店で購入したいときはこのしのぶさん作のポップが目印。

ポップ.JPG
川上農園の商品はしのぶさ
んお手製のポップが目印

ところで「不知火(しらぬい)」という名前、聞いたことありました?というか読めました?そんなの知らないなーという方は、あれです。見た目はデコポンです。じゃあデコポンでいいじゃん!と思っちゃいますが、実はデコポンは熊本産のものにしか使えない名前なんだそうです!
はじめて知りました…。みかんの世界もかなり奥深そうだ。

ドライフルーツ商品.JPG
ドライフルーツ
の商品 1袋/15g ¥300

Tシャツ.JPG
アイ・ラブ・みかん!!

ロゴやポップのデザインは全てしのぶさんが手がけています。ロゴにはモグラ盛り上がった土虫にかじられた葉っぱなど、川上農園を象徴とする要素が散りばめられたデザインが施されています。さてそろそろ、川上農園がどんな農家なのか?、見ていきましょう。

 

川上農園って?

地元の人ですら秘境と呼ぶ、南郷地区の大穂(おおぶ)。その他、山田田島に川上農園はあります。みかんがメインですが、他にもお米ブルーベリーも作っています。
一番のこだわりはなんといっても50年近くかけて作られた「土」!除草剤を使わず、手間ひまかけて手作業で草を刈り取り、それを肥料として活用しているそうです。なのでミミズもモグラも住める土はふっかふか。みかんにも艶を出すためのワックスや防腐剤は使っておらず、「自然の力で作っているので他と味が違います!」と耕太さんも自信満々。

今日のお題.JPG
本日のお題は「みかんについて」

9月下旬から11月にかけて収穫される温州みかんは地元の学校給食で食べられているのだそう!自然の力で手間ひまかけて作られた川上農園のみかんはとっても甘いと評判です。こんなおいしいみかんが給食で食べられるなんて幸せですね!

 

3代目への代替わりは?

川上姉弟.JPG
とっても仲良し
な姉弟

お客さんがカウンター越しに二人に質問を投げかけます。

Q.『もうお父さんは見守る側に立っていて、完全に耕太さんやしのぶさんに代替わりしている状態なんですか?』

「いやーまだまだですよ。耕太には失敗させたくないみたいで、やっぱり心配なんでしょうね。近くで見ていてもすぐ代わろうとするんですよ」としのぶさん。

お米も作っている川上農園。あるとき耕太さんが運転する耕運機が田んぼにはまり、車体が大きく傾きます!それを見ていたお父さんと姉弟のやり取りがこちら。

お父さん 「耕太ー!!(運転)変われーー!!
耕太さん 「変わらーん!!」(車体傾いたまま)
しのぶさん「変わらんでよかー!!もうお父さん、耕太も失敗せんと身につけていかんのやけん、なんでも手出したらいかんよ!」

こんなやりとりが広い田んぼを挟んで行われているんだそう。容易に想像できて、なんだかほっこりしますね。笑

「すぐあれこれと口を出したがる父だけど、もう70にもなってきてさすがに身体が動かなくなってきてる自覚もあるみたい。そろそろ完全に引き継がないといけないとは思ってるんでしょうけどね。いつまでもお父さんは“お父さん”でいたいんでしょうね」としのぶさんは顔をほころばせます。

 

Q.『農業をしていて大変なことは?』

「草刈りは地味に大変ですよ。そこがこだわりではあるんですけど(笑)」と耕太さん。「でも昔に比べて気候が変わってきているのはありますね。雨も降って欲しいときには降らなくて、降らなくていいときにはこれでもかってくらい降る。気候が変わってきたのは仕方ないから、自分たちはそれに対応しながらやっていくしかないですよね。極力笑いながら、元気に生活していけたらいいかと思ってます」と笑顔で答える耕太さん。

お客さん風景1.JPG
カウンター越しにも話が盛り上がります

親父さんが先代から受け継ぎ自信をもって作り上げてきた土とみかん。
近年の環境の変化に耐えながらも、それを真摯に引き継ぐ耕太さん。
得意分野で広告を手がけ、Facebookなど情報発信するしのぶさん。
しのぶさんのポップデザインをTシャツなどに転換したり、ネット販売での営業を応援するしのぶさんの夫。

川上農園はまさに家族総出でそれぞれの持ち味を活かして経営を行っているのです。
「仲がいいからね、仕方ないね。でもケンカが絶えんよ!」と笑いながら話す様子は、聞いているみなさんも笑顔にさせるのでした。

 

 

さいごに

二人の絵.JPG
終始楽しそうな二人

はじめて一夜店長をしてみてどうだったか、お二人に感想を聞いてみました。

 耕太さん
「ドライフルーツなど美味しいので商品として出してますが、内容量と価格が適正なのかって生産者側からはよくわからなくて。そういうのも直接聞けるのがいいですよね。」

しのぶさん
「普段は仕事関係の人以外の人達との関わりがないので、こういう機会ははじめてで新鮮でした!草刈りなど手のかかるやり方で農園をしているから、喜んでくれる人の顔が見えて、それが肌身で感じられるとこれでまた頑張れるって気持ちになるし、この達成感がやりがいに変わります。カクテルなどにして加工したものを直接渡したこともなかったから、楽しかったです!交流をもてたことが嬉しかったです。」

 

確かに、普段の生活の中で一次産業に従事する人はそれを買って食べる消費者と関わる機会がほとんどありません。逆もまた然りで、私たち消費者も店で買う農作物や魚や肉が、どんな人たちの、どんな想いから作られているものかを知る機会がほとんどありません。

 

【LiV×LiVEs】ではこれからも、そんな一次産業に関わる人たちと交流できる場をつくっていきます。この場を通してもっとたくさんの人に、想いを込めて市場に食材を提供してくれている人たちの想いを知ってもらえたら、何かが変わっていくかもしれません。それが何かはまだわかりませんが、そんなことを期待しながら次回の【LiV×LiVEs】の告知です!

 

次回予告!

次回は3月14日(木)19:00から!

脱サラして地元古賀市に帰ってきて、昨年から新規就農したトマト農家の佐々木悠二さん

彼はビニールハウスを木造で建てたり、自分でシステムを組んで肥料を自動で撒く装置を開発したり。これまでの農家さんとは少し違うアプローチで農業を始めた方です。
なぜ、そんな奇抜なことをやろうと思ったのか、当日みんなで聞いてみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

 

 3月のLiV×LiVEs詳細はこちら

取材・文・写真:執行沙恵  

海と山に囲まれた自然の恵み豊かな宗像

ここには農業や漁業など、自然と共存することを生業とするさまざまな人がいます。元号が変わるこの時代の節目に、彼らはどのように前代の生業を継いでいこうと考えているのでしょうか?

 「そんな境遇にいる人たちってぶっちゃけどう思ってるの?」

リアルな現場の声を聞いてみたい!ということで始まりました!

「LiV × LiVEs」(リヴ×ライブ)

 

ここでは月に一度、LiV KiTCHENを会場としてさまざまな一次産業に関係する人たちとカウンター越しに語り合うことを行っていきます。毎月変わる一夜店長。普段なかなか知り合う機会のない彼らが、どんなことを思い、どんな仕事をしているのか、生の声を酒の肴に交流を楽しむイベントです。

 

「一夜店長」×「参加者」×「お酒」×「楽しい時間」…

不特定なものの掛け算の中でどんな偶然の産物が生まれるのか!それは来てみてからのお楽しみ♫

 

本日の一夜店長

第一回目の一夜店長は宗像の海女ちゃん。2018年4月から地域おこし協力隊として宗像市鐘崎で活動してます。

NKN_0956.JPG
本田 藍さん(左)と林 由佳理さん(右)

 

本田さんは滋賀県、林さんは岐阜県と、お二人とも海に面しない県の出身ですが「海が好き!」というのが共通点。「こんにちはー」と挨拶も早々に、もってきたチラシや拾った貝の標本、手作りのシーグラスのランプシェードを「どこに置く?」「ここがいいかな?」と会場レイアウトに取りかかります。わいわいとカウンター内で準備する仲の良い様子は本物の姉妹のようです。

 

今回は海女ちゃんからのオリジナルメニューとして鐘崎の郷土料理、「のうさば」(鐘崎かずのこともいう)がお通しとして振る舞われました。

4.JPG
のうさばのお通しとシーグラスを拾って作ったランプシェード

 

のうさばとは、ホシザメを開いて干したものを湯がき、サメ肌を取って味付けをしたもの。これがお酒のつまみにすごく合う!一夜限定カクテル「海女ちゃんブルー」(※)と共に堪能する参加者のみなさん。
※海女ちゃんブルー:日本酒 山の壽(宗像日本酒プロジェクト)をベースにしたカクテルです。

 

2.JPG
オーナー谷口の中学のときの同級生が3人飲みに来ていて、同窓会のような盛り上がりを見せていました

 

ちなみに手前のお二人の間にぶら下がっているのが調理される前の「のうさば」です。 

3.JPG
サイズ感を出すために綺麗なお姉さんに比較対象になってもらいました。笑

 

干されている状態では特に匂いはないです。指で逆さに撫でると「サメ肌!」という感じ。みんな珍しそうに触っていました。

さて、場も温まってきたところで本日のお題。

5.JPG
お題「海女ちゃんの出身地の話」

 

途中から参加してきた人に「今こんなこと話してるよ」というのがわかるようにボードを準備。でも基本的にはみなさん好きなことを好きなようにお話していました。

 

残したいものを残していくためには

本田藍さんの場合

6.JPG
サングリア片手に笑顔の本田さん

 

本田さんは元はなんと高校の生物の先生!先生がこんなにかわいかったら生物もっと頑張れただろうなぁ。

京都の吉田寮(※)に住んでいた経験があり「歴史あるもの、古いものを残したい」という想いが強くあったそうです。

※吉田寮…京都大学にある日本最古の学生自治寮。
吉田寮がどんなところかわかる記事があったので気になる方はこちらをチェック
ちなみに、当時吉田寮には有志が「吉田寮畜産業協同組合」というものを運営しており、本田さんも積極的に関わっていたそうです。

 

「残したい物があっても、本当の意味でそれを残していくためにはただ物だけがあればいいというわけではなくて、たくさんの人の協力のもと”その物を取り巻く文化”も一緒に残していく必要があると思っています」

宗像の鐘崎漁港は海女さん日本発祥の場所。大正時代に150人いた海女は今や60代を超える1人だけになっていました。元から海に憧れがあった本田さんは「海女の文化を残したい」と、自身が海女となりました。漁の最中に海底でゴミを見つけたときは拾うなど、個人でできる環境保全も行っています。2018年夏に宗像市で行われた宗像国際環境100人会議の分科会にも出席して積極的に海の環境のことも勉強し、この夜も熱い想いを語ってくれました。

 

募集締め切り当日の夜

 林由佳理さんの場合

 7.JPG
オーダーの入った山の壽を注ぐ林さん

 

林さんは工場に10年以上勤務し、ヨガのインストラクターと、趣味でサーフィンもしていたそう。スラリと長い手足や身のこなしからも納得!けれど意外に天然のようで、白ワインを頼まれていたのに日本酒を注いでいました。笑

印象的だったのは宗像が地域おこし協力隊として海女を募集している記事を見つけたのが募集締め切り当日の夜、「あと2時間で募集が締め切られる!」というタイミングだったという話。

「迷っている暇はなかったですね。したいことはしよう!と思って必死に申請書に入力しました」と当時の様子を笑いながら話す林さん。全国から9人の応募があった中、見事海女ちゃんに選ばれたのでした。

 

カウンター越しに盛り上がる店内

8.JPG
参加者はLiV KiTCHENを出たり入ったりしながら、10人ほどで海女ちゃんと話をしていました

 

店内ではカウンターを挟んでさまざまな話が飛び交っていました。

『今の時期は海には潜るの?』
「12月までなまこを獲ってましたけど、今は潜るのはお休みですね。次は2月からわかめを獲りますよ」

なまこは海底にいるため深く潜るのだそう。沖ノ島の漁ではベテランの海女さんは20メートルも潜るんですって!生身でそんなに潜れるなんて、すごい。

 

『宗像に来てどう?』
「最初はよそ者扱いされるのかな…と不安だったけど、よく来たね!って受け入れてもらえて嬉しかったです」

鐘崎の近所でお世話になっているお宅にお邪魔するとだいたいお酒の洗礼を受けるそう。

「記憶をなくすくらい飲まされるんで、最近気をつけてるんですよー。でも不思議とちゃんと家に帰ってて…ほんともう怖いです!」

笑いながらそう話すのは林さん。完全に宗像の色に染められているようです。笑

 

『潜ってて楽しいなぁって思う瞬間とかありますか?』

「魚がかわいかったときとか、でかいあわびがおったときにはうわぁ!ってなります!笑」

「水面に上がって息を吸えた瞬間は『生きてるなぁ!』って思いますね」

お仕事のことでも楽しそうに話してくれるお二人。本当に海女の仕事を楽しんでいる様子がとても印象的でした。

 

日曜は鐘崎のあまちゃん食堂!

あまちゃん食堂.jpg さざえカレー.jpg

毎週日曜日(第2日曜を除く)は鐘崎の漁業協同組合で海女ちゃん食堂を開いています。サザエカレーや今の時期では季節限定のふぐを使ったかき揚げ丼など、ここでしか味わえない海の幸を堪能できます。海女ちゃんお二人がお出迎えしてくれるので、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。

 

最後に

9.JPG
海女ちゃんとあまおう

 

「漁に携わるようになって初めて、漁師さんが海の資源を守りながらいろいろなルールの中で漁をしていることを知りました。海のこと、漁のこと、漁師さんのことをもっと知ってもらいたいです」

そう話す二人の海女ちゃん。次の時代を海女ちゃんたちはどう担っていくのでしょうか。

海女の伝統・文化だけでなく、宗像にあるたくさんの文化が今次の時代に受け継がれようとしています。先代の想いや意志を、どう継いでいくのか。それはこれから私たちの手に委ねられています。

 

「LiV × LiVEs」は今後も月に一度、現場で活躍するさまざまな人たちとの交流の場をつくっていきます。

興味のある方は気軽に飲みに来てくださいね。

 

次回予告

気になる次回開催日は、

2月17日(日)19:00〜

一夜店長は、
みかん農園、川上農園3代目の川上耕太さんと、そのお姉さんのしのぶさんです!

 

LiV KiTCHENのサングリアは栽培方法にこだわった川上農園さんのオレンジを使用しています。

農園の3代目を引き継ぐ立場とは一体どういうものなのでしょうか?

どうぞお楽しみに!

 

2月のLiV × LiVEs詳細はこちら

川上農園ホームページはこちら

取材・文・写真:執行沙恵

梅雨も明けて、茹だるような暑さの中、みなさまいかがお過ごしですか?
暑い中冷たいものが欲しくなる季節ではないですか?

リヴキッチンにてかき氷はじめました!
甘くふわふわの粉雪のような口の中でとろけるミルクごおり。
その上に地元宗像産のフルーツを使用した果肉付きのシロップです。

 

シロップの種類は3つ。

・宗像産いちごを使った王道のストロベリー。

・地元川上農園さんで採れた、ミルクごおりとの相性抜群のブルーベリー。

・地元白石さんの畑で採れた、シロップとしてはちょっと珍しい食べると癖になるキウイフルーツ。

価格はワンコインの500円。

 

どれも果肉たっぷりで食べていてフルーツの味をしっかり感じられます。
今季再生産の予定なし!数量限定!ぜひぜひご賞味ください!

6月1日本日11時よりLiV KiTCHENオープンです。
コーヒー、ビール、オムハヤシやハンバーグドッグなど、
イートインもテイクアウトどちらもできます。

どうぞよろしくお願いいたします。

宗像の唐津街道、赤間宿にあるトレーラーハウス飲食店LiV KiTCHEN(リヴキッチン)、
只今オープンに向けて店舗工事中です。

1 2
トップへ戻る