インフォメーション

2ショット_1.JPG

月に一度、さまざまな一次産業に関係する人たちとカウンター越しに語り合うLiV×LiVEs(リヴ×ライブ)。毎月変わる一夜店長。普段なかなか知り合う機会のない彼らが、どんなことを思い、どんな仕事をしているのか、生の声を酒の肴に交流を楽しむイベントです。

過去の開催レポートはこちらをどうぞ↓↓
Part1:むなかた鐘崎の海女ちゃん
part2:川上農園の3代目、耕太さんとしのぶさん

 

三夜目の店長はFrom Tomatoの佐々木さん

3回目のLiV×LiVEsは3月14日、初めて平日木曜の夜に開催されました。今月の一夜店長はFrom Tomato佐々木悠二さんと、その妻陽子さん。悠二さんはサラリーマンとして勤めていた前職を1年前に退職。新規就農して、一風変わったスタイルで農業を始めています。
陽子さんは悠二さんのつくるトマトを素敵な料理に変身させる専属のシェフで、このときなんと妊娠8ヶ月!座って休みつつもカウンターに立ってドリンクやお通しを出してくれました。今日はお二人からどんなお話が聞けるのでしょうか?

 

本日のドリンクとお通し

 ドリンク.JPG
トマトの赤が鮮やかな“燃えよ!SASAKI”

本日のオリジナルドリンクはトマトジャムを使ったカクテル、その名も「燃えよ!SASAKI」!ジンジャー入のトマトジャムをウォッカと炭酸レモンで割って、最後にカットトマトをon。爽やかさの中に生姜がピリッとしまり、最後にふわっとトマトが香ります。車でアルコールを飲めない方にはノンアルコールバージョンの「ソフトに燃えよ!SASAKI」を。トマトジャム、グレープフルーツ、炭酸水で同じように佐々木さんのトマトを楽しめるドリンクとなりました。

 

お通し.JPG
カプレーゼとピクルス

クラッカーにトマトジャムとカマンベールチーズ、クリームチーズを載せたカプレーゼトマトのピクルスをご準備いただきました。トマトは中まで液が染み込むように中玉を使用、2日間じっくり漬け込んであります。にんにくがきいているうえ、トマト自体も味が濃厚でとても甘かった!この時点で十分美味しかったのですが商品化はこれから。参加者のみなさんの生の声を聞いて改良を加えていきたいとのこと。トマト自体はすでに古賀市のコスモス広場で販売されていますが、ピクルスの販売も待ち遠しいです!

 

今日のお題

今日のお題.JPG
オーナー谷口と今日のお題

今日のキーワードは「トマト」「竹林」「バイオマス」。佐々木さんの取り組みを言葉だけで説明するのは難しいので、今回はラミネート加工した資料を準備。店内の壁に貼ってそれを見ながらお話を聞くことができました。

 

木造のビニールハウス

ビニールハウス14棟.jpg ビニールハウス内.jpg
古賀市の畑に建つ木造のビニールハウス

佐々木さんのハウスは古賀にあります。普通のハウスとは違い木造で、その数は14棟。どうして木造のビニールハウスなんでしょう?

 

 「ビニールハウスって正規の方法で立てようとすると10001000くらいかかるんですけど、その価格の根拠って不透明なんです。それがどうにも納得できなくて…。もともと建設業をしていてどういう設計をすれば物が建つかという知識はあったので、“とにかく安く農業を始める”というコンセプトで一から自分で作っていくことにしました。結果的には1/3~1/4の費用で建てることができましたよ」。その話にみんなが食いつきます。

お話_2.JPG
笑いも交えながら話に華が咲きます

「これは一人で建てたんですか?」
「もちろん友達とかに手伝ってもらってますけど、基本的には一人で組み立てられるようにしました。重量も軽くしてますし、高さも2mちょっとですね」。建てる過程では失敗して倒壊したこともあったそう。「昨日まであったハウスが、翌朝畑に行ったらなくなってたこともあります」と笑いながら話します。数々の失敗を繰り返しては改良を加え、今では台風にも耐えられるハウスになっているそうです。

 

 身近なバイオマス資源である竹林

竹林.jpg
多くの山で見られる竹林

ところで「バイオマス」って何でしょう?
【バイオマス】とは「動植物などの生物から作り出される有機性のエネルギー資源で、一般に化石燃料を除くものを総称したもの」です。再生資源として注目されているもののまだそこまで実用化されていないのが現状ですが、佐々木さんは身近なバイオマス資源である竹林を農業に生かせないかと考えています。
「今は荒れた竹林を整備してたけのこ畑にしようとしてます。たけのこを生産しながらエネルギーも作れたらなと。農業を起点としてみんなにとって良いものを作っていけないか、それが目標ですね。」

 

佐々木さんてどんな人?

悠二さん_1.JPG
参加者からの質問に答える悠二さん

木造のビニールハウスを自分で作ったり竹林でのバイオマスを農業に活かせないかと考えたり…佐々木さんて一体何者なんでしょう?なぜそんなことを考えるようになったのか、そのきっかけを聞いてみました。

もともと北九州の製鉄所に勤務していた佐々木さんは社内で陽子さんと出会い、結婚。その頃からいずれはバイオマスエネルギーに取り組みたいという想いが明確にあったそうです。
「でもバイオマスエネルギーを生み出す設備が作れてもエネルギーの使い道がないなと思っていて。何かないかなと思ったときに、農業用ハウスってそんなにむちゃくちゃエネルギーが必要なものでもないし、そこにバイオマスと親和性があるんじゃないかって思ったんです」そして佐々木さんは早速、当時住んでいたマンションのベランダにカインズで買ってきた簡易型のビニールハウスを設置し、トマトを作ってみます。それがまた意外に甘くて美味しかったのだそう!「これはいけるんじゃないか?」と思い現実的に構想を練り始めたタイミングで、子どもが生まれます。

 

2ショット_2.JPG
写真映えする美男美女夫婦!

佐々木さんが今の生き方を選んだのは子どもの存在が大きいそう。「会社に勤めながら、子どもが行きていく世の中ってどうなっていくべきだろうと考えました。そしてそれって他人任せにするものなのか?この子の生きていく世の中のために自分ができることはないか?って」。そして会社を辞めて独立する道を選びます。「自分も親父が頑張ってる姿を見てたんで、自分もそうやって挑戦する姿を娘に見せたいなと、そういう思いです」

会社を辞めて独立の道を目指すようになった夫を見て、陽子さんは反対しなかったんでしょうか?
陽子さん「反対はしなかったですね。彼の人生なので(笑)。私も手伝ったりはしますけど、彼も私にはしたいことをしていいって言ってくれていますし」。そんな奥さんの言葉を受けて悠二さんは、「いやぁ、ありがたいですよね。そんなことを言ってくれるから、逆に頑張らなきゃと思います。最近読んだ本に書いてあったんですけど、人生の道の分岐点に立ってさぁどっちに行こうかって迷ったとき、どっちかが正解でどっちかは地獄に真っ逆さま…ていうわけじゃないんですよね。どっちにも結局道が続いてくだけだから、どんどん進んでいくしかないんだって。どの道を選択しても、結局その先の努力次第だよねと。だから全部が実験です。」

 

これからしていきたいこと

カウンター越し.JPG
カウンター越しに交流

佐々木さんの農業はスタイルは、いろいろな人が少しずつ関わり成り立っています。「最近思うのは、いろんな人にこの活動自体を知ってもらわないと賛同者も得られないなということ。昨年はハウスを建てるのでいっぱいいっぱいでしたけど、今年は発信にも力を入れていきたいです。そんなときに谷口さんに声をかけていただいて、今日みたいな機会をいただいたのは本当にありがたかったです。失敗して凹むことも多いけど、今日みたいなイベントがあるとまたモチベーションが上がりますね

失敗を恐れずにいろいろ試していく佐々木さんの姿勢や言葉から、これからの道が楽しみで仕方ない様子が伝わってきて周りにも伝播していくようでした。

 

店長からアンケート

アンケート.JPG
トマトについてのアンケートを準備してきていました

参加者からの生の声を聞くべく、アンケートを準備されてきていました!質問項目に対して当てはまる項目にシールを貼っていくタイプ。なかなか普段の生活では知り合えないし声を拾いにくい一般消費者の声をこの機会に存分に収集してもらえることは、主催側としてもやってよかったと思うのでした。

これからの佐々木さんの取組に乞うご期待ですね!

 

次回予告!

次回4月の一夜店長は鐘崎漁港の若手漁師、共進丸 船長 宗岡健一さんと、共進丸 機関長 権田幸祐さんです!

時代や環境の変化により漁獲量が減少し、魚離れが進む日本。「魚が捕れない・売れない・安い」現状が続き、今や風前の灯火である漁業。

そんな状況下でも自ら漁師になる道を選び、漁業を盛り上げるべく日々奮闘中しているお二人は、漁師の未来をどう描いていくのでしょうか。

どうぞお楽しみに!

 

4月のLiV×LiVEsの詳細はこちらから

 

取材・文・写真:執行沙恵

 

 

 

 

トップへ戻る